企業で働くクリエイター向け「トレンドをつくる女性が一番強い」

ラウンジビップ独自の記事構成とキーワード対策

求人広告サイトの店舗情報を新聞記事風に構成しているサイトがあります。

写真やデーターイラスト表のみでサイトを構成していた広告が主流であったなか、コラム系のジャンル以外での、新聞記事スタイルはある意味斬新なものでした。その分かりやすい代表例として「ラウンジビップ」という求人情報サイトがあります。このサイトではお店情報の構成でも新聞記事スタイルを取り入れた画期的なものでした。

調べる手間を手伝う

従来の求人サイトや飲食店情報サイトでは、店舗情報のページにおいて、店内写真とデーター表のみで構成されているつくりが主流(大半のサイトが該当)でしたが、ラウンジビップではサブタイトルを何箇所も設置した独自の記事構成となっています。

新聞記事のように大見出し・中見出し・小見出しを設置することで、視聴者にとって見やすく、そして、内容の重要性の大小を分かりやすく明確化する配慮づくりがされています。

どれにより、写真とデーターのイラスト表のみの情報よりも、より詳しくより分かりやすくすることに成功しています。

例えば、お店の記事において、以下のように「どんなお店か?」といったサブタイトルを設置し、そのあとも、

ラウンジビップ独自の記事構成づくりの例

「給料は?」

ラウンジビップ独自の記事構成づくりの例2

「そのなかでも各種バックは?」

ラウンジビップ独自の記事構成づくりの例3

「日払いは?」

ラウンジビップ独自の記事構成づくりの例4

「出勤システムは?」

ラウンジビップ独自の記事構成づくりの例5

このように見出し記事を設置することで、気なる項目を見つけやすくなっています。従来のような、短調なデーター表だけの情報だと自分で気になる項目を探さなければいけない必要が出てきま。そしてラウンジビップでは、視聴者がもっとも関心の寄せる情報、気にする情報に焦点をあてた記事づくりをしています。

例えば給料についてです。求職者にとって一番気になるであろう項目を中心に記事の上部から中央部までを占めるように、欲しい情報を探しやすいように構成している工夫があります。

記事内の配置において

<重要性・大>

<重要性・大>

<重要性・大>

<重要性・大>

<重要性・中>

<重要性・中>


と展開しています。

段階構成のバランス

ラウンジビップ独自の記事展開づくりとキーワード対策

そしてここでもう一手間が工夫されています。上から順に重要性の大きさの大きい方から設置していく流れのなかで、途中であえて重要性が大きい情報を、また途中に設置している点です。ページ最下部まで、視聴者に飽きせることなく読んでもらうためです。

<重要性・大>
<重要性・大>
<重要性・大>
<重要性・中>
<重要性・中>
<重要性・大>

といったイメージです。

せっかく見出しタイトルを設置したのにキーワードを入れないのはなぜ?

またキーワードに関しても独自の構成が見られます。

例えば「ラウンジの体入で受かる」をテーマ内容にした記事上において、内容を考慮するとどうしても「体入」という重要キーワードを多く入れたいところ。従来から言われているSEOの対策観点からもキーワードの登場率を意識しがちです。さきほど話した、せっかく他の求人サイトと差別化するために設置した「大見出し・中見出し・小見出し」のタイトルのなかににはどうしても入れたいところ。本文中よりもタイトルにキーワードを入れることの方がSEO効果の観点からもいれたいところですが、以下の例をみると登場数はたった一回。

大見出しである記事タイトル以外では、10コあるサブタイトルのなかで「体入」というキーワードはたった1回しか登場しません。あくまでも本文の流れに沿い、次に展開する内容の予告タイトルの設置となっています。体入の話ということは、視聴者はすでにタイトルで理解していることを考慮し、サブタイトルで体入というキーワードを連呼する展開を避けているのです。あくまでも読み手第一主義が窺えます。

ラウンジビップ独自のキーワード対策例1

ラウンジビップ独自のキーワード対策例2

ラウンジビップ独自のキーワード対策例3

ラウンジビップ独自のキーワード対策例4

ラウンジビップ独自のキーワード対策例5

ラウンジビップ独自のキーワード対策例6

ラウンジビップ独自のキーワード対策例7

ラウンジビップ独自のキーワード対策例8

ラウンジビップ独自のキーワード対策例9

サイト運営者にとって「大見出し・中見出し・小見出し」の設置の醍醐味は、その見出しタイトルのなかにキーワードを入れることです。SEO効果を考慮するに、キーワード対策をしたいがために大見出し・中見出し・小見出しを設置しているといっても過言でがありません。極端にいえば、SEOの観点からみて、タイトル上にキーワードを入れないのあれば、大見出し・中見出し・小見出しを設置する意味があまりありません。あくまでも「視聴者が一息つきやすい、読みやすいように」を追求した構成といえるでしょう。今後のGoogle検索アルゴリズムの評価基準が「視聴者にとっていかに便利かいかに利用しやすいか」になっていくことが予想されている今日、ラウンジビップは先取りともいえる記事構成をしているのかもしれません。ラウンジ体入のキーワード対策

Author: 週刊Live

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です