枕営業が絶対にNGな理由とは?

「枕営業」はデメリットだらけ

キャバクラやクラブには同伴のノルマがあったり、お客様からのお誘いがあるため、店外でお客様と会うことは避けにくいものです。同伴であれば、同伴料や売り上げバックなどの収入にもつながるため、積極的に行った方が良いでしょう。

しかしお店の外でキャバ嬢がお客様に会うと、セックスのお誘いを受けやすくなります。 お店に入る前にお客様と一緒に食事やカラオケ、軽く1杯となるわけですが、それだけでは済まず「ホテルに行こう」と誘われてしまうこともあります。その日はキャバ嬢もお店に「同伴します」と連絡しているので、お客様の機嫌を損ねないために応じてしまうこともあるようですがこれは絶対にまずいです。

「同伴しているんだからセックスさせてよ」的な考えを持っている男性客は確かに一定数います。しかし同伴でセックスをしてしまうのは本人が不本意である以上に今後の仕事にも差し支えることがあります。

今日はそんな「枕営業」のデメリットについて考えてみます。

他の女性やお客様に知られるデメリット

お客様とセックスをする枕営業は、同業者、特に他の女性の間ではあまり評判が良くありません。こういう噂が立ってしまうとそのお店のイメージが悪くなったり、枕営業をしていないキャストにセックスを迫るお客様が増えたりして、他のスタッフたちにも迷惑だからです。

また枕営業は仕事のできない女性がやっていると言うイメージがあり、手っ取り早い方法でお客様を取っていると思われてしまいます。キャストの中には他のお客様の耳に入れたりしてそのキャストの評判を落とす人もいるくらいイメージダウンにつながるものなのです。

近年はネットやSNSが発達しているのもあって 「枕でしか客がとれない」 とか馬鹿にされたり 「●●ちゃんは枕営業してるよ」 なんて叩く代表的な文句として使われます。非常に危険です。

一回許すと癖になる

同伴で一度セックスをしてしまうと、お客様はそれが当然のことと思い、次の同伴でもセックスを要求するようになるでしょう。一度限りのお礼の意味でセックスしたとしても、相手がどのように感じるか分かりませんし、

また若い男性であれば、本気になってしまって恋人気取りで振舞ったりストーカーになってしまうこともあります。

うっかり応じてしまったことのリスクは想像以上に大きいです。

まとめ

同伴はセックスを求められたり迫られるリスクがあり、嫌な目に遭うこともあります。

とはいえキャバ嬢としては同伴を避けては稼げませんし、店からも同伴することを求められますので、セックスできるかも?と思わせるような隙を与えずに同伴することが大切です。

遊び慣れた男性客の場合は心の隙も突いてきますので、新人でもしっかりと対策をしておきましょう。

Author: vipplus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です