朝キャバ、昼キャバって稼げるの?

朝キャバ、昼キャバって何?

最近は夜だけではなく朝キャバ・昼キャバを開くお店が増えてきました。

とはいってもまだまだ夜に比べたら少ないのがこの朝昼キャバです。

朝キャバ・昼キャバは稼げるのか、時間が違うだけなのか、仕事内容は同じなのかなどと色々と疑問に思う方も多いと思います。

夜に営業するキャバクラと少し違うところも多いので、違いから説明してお客様の「特徴」や働く女の子たちの「待遇面」についても説明します。

まずは朝昼キャバについて、違いを簡単にまとめてみるとこんな感じです。

  • 営業時間:早朝~お昼過ぎ、お昼~夕方まで
  • 給料:夜よりも時給は少し低め
  • ノルマ:夜よりも緩く、ノルマ無しのお店もあり
  • 服装:キレイ目ワンピースなど、ドレス以外もあり
  • ヘアメイク:ナチュラルなお店が多め
  • 客層:同業者、富裕層、観光客、出張で来ている人など

お酒を作ってお客様とお話するという基本的な接客については変わりませんが、夜のキャバクラと違って落ち着いた雰囲気で営業しているお店が多いです。

というのも夜で売り上げを作り、朝キャバ・昼キャバでは空いた時間で営業しようという考えのお店が多いので、来客数や客層、同伴のしにくさ等を考え、ノルマなどは緩めにしているお店も多いからです。

次は具体的に特徴を説明します。

何といってもお客様の層が違うのが大きな特徴になります。実はここに働きやすさの秘密が隠れています。

まず朝キャバについて見ていきますが、朝キャバは4:00から営業しているお店もあります。こういった早朝には早めに営業が終わった同業者、つまりホスト、ボーイ、バーのオーナーなどのお客様が多くいらっしゃいます。

営業後で疲れているからかソフトドリンクなどでゆったりと過ごされるお客様も多く、騒いだり泥酔するようなお客様は少ない傾向にあります。また同業のお客様は話し上手だったり距離も近すぎなかったりと、落ち着いた環境で女性が働けるというメリットがあります。

もちろん別のお店や居酒屋などで飲んでから来られる普通のお客様もいらっしゃいますが、そういったビジネスマンは週末などに多いので、落ち着いて働きたい方には平日で働くのがおすすめです。

昼キャバは、朝から残っているお客さんや高齢者、富裕層、出張や観光で来ている人が多く、ノンアルコールやソフトドリンクで楽しくお話して楽しむ人が多いという特徴があります。

全体的にドリンクや同伴などでは稼ぎづらいですが、とにかく働きやすいのが大きなメリットになります。

こんな女性に朝キャバ、昼キャバはオススメ

夜に働くとプライベートな予定も入れづらくなりますし、主婦やシングルマザー、家族や恋人に知られずに働きたい人にはハードルが高いです。
また肌荒れが気になるから夜は避けたいという女性もいます。

朝キャバ昼キャバは短時間勤務が可能なお店も多いので午後や夕方の都合も付けやすいですし、生活リズムも変わらず、お店が服装やメイクなどにも緩いので、周囲に勘づかれる事はあまり無いと思います。

夜キャバと違ってお酒が苦手な子、派閥などの人間関係・競争関係が嫌な子も多いので、ゆったり稼ぎたい方にもおすすめです。

朝昼キャバは託児所完備のお店も結構ありますので、学生さんや午後出勤のOLさんだけでなく、主婦やシングルマザーなど夜勤務が難しい方などにも、とてもおすすめです。

夜キャバより時給が低いと言っても、普通のアルバイトの2倍以上の時給で効率良く稼げるのが朝昼キャバの良いところです。

Author: vipplus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です