キャバクラの接客が不安な時に知ってほしいこと

キャバクラやラウンジ、クラブはそのお仕事内容は「接待飲食」と定義されるように、お客様とのマンツーによる接客で居心地のいい時間を提供するサービスが商品となっております。(クラブにおいてはマンツー接客もあれば複数名での接客もあり)

会話をするのが主なお仕事内容ですが、時には『聞き役』時には『話す役』と空気を読むのもひとつのお仕事とも言えます。

今回はナイトワークの『接客』に関するハウツー方をいくつか紹介したいと思います。

夜働くのが不安な女性へ

お客様があって初めて成り立つのがキャバクララウンジといったナイトワーク業界です。

一般的なお仕事よりも多くのお給料を頂くキャバクラのお仕事ですのでお客様が退屈する接客をするわけにはいきません。

ところが人によっては男性と接したことなんてないから、とキャバクラで働くことを悩んでしまうところかもしれません。
今回の記事を読んでもらいたいのはそんな初心者に「キャバクラ接客の不安をなくすために知っておくべきこと」と題して、悩みを解決する方法をご紹介します。

先ずは笑顔

キャバクラの接客で欠かせない必須アイテムが「笑顔」です。

お客様が席につくと、ボーイ(付け回し)の方にお客様の席に行くように合図されます。そこからキャバクラでのお仕事が始まります。

人と人とが初めてお会いするわけですから、まずは笑顔で挨拶をすることが必須です。
「◯◯です。よろしくお願いします」と名刺を差し出しながら、笑顔で言えたら、それだけでもあなたの第一印象は最高です。

第一印象があなたのこれからのイメージをつくっていきますのでがんばりましょう。

話し上手よりも聞き上手が勝つ

接客というと、お客様とどうやって話したらいいんだろうと初心者はつい考えてしまうかもしれません。

しかし、実は接客に「話す力」はそれほど重要でないです。話をするのはお客様主導で全く問題ありません。いかに聞けるかが勝負です。

「聞き上手」になるのってどうしたらいいの…。そんな心配もあるかもしれません。

それを解決する答えは、上手に質問することです。つまり次の会話につながるような質問の仕方を心がけるだけでいいのです。

YesかNoかで答えられる質問はそれ以上話が広がらなくなってしまいますのでやめましょう。

例えば、「◯◯さんのことお好きですか?」という質問よりも、「◯◯さんのどこがお好きなんですか?」という質問のほうが具体的な部分まで掘り下げた話ができるので、盛り上がります。

そしてもう1つ、「聞き上手」になる方法があります。

質問の次はリアクションが重要です。誰だって、単調でつまらないリアクションで接客されたら嫌なものです。

人の話をきちんと聞いてるのかどうかわからない、そんな接客はお客様にも失礼です。
最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、テレビに出ている芸人さんなども参考にして、全力で驚きや嬉しさを表現します。

声のトーンを変えてみたり、手の動作をつけてみたりそんなところから始めてみればOKです。次第にあなた自身も接客が楽しくなってくるはずです。

楽しんでいる時のあなたの笑顔は素敵ですので自信を持って、接客してみてください。

まずは自然体

今回はお客様との初めての接客のときに大切な2つのことを紹介しました。

キャバクラで働いて成功するためにはもっともっといろいろなことができないとまずいのではと思うかもしれませんが、それは初心者の間は考える必要はありません。

とにかく最初は素敵な笑顔で、聞き上手な接客をして、お客様も自分もキャバクラを楽しんでしまうのが初心者がキャバクラで成功するコツです。

それ以外のお仕事についてはある程度慣れてから意識すればいい話なので最初の間は考える必要はありません。

ナイトワークにおいては、お客様に居心地のいい時間をサービスするのが商品といっても過言ではありません。もちろん容姿端麗な外見も必要ですが、性格愛嬌といった部分も重要となります。聞き上手・話し上手といった接客も重要なポイントといえるでしょう。

以下に、参考となる情報サイトから抜粋記事を紹介したいと思います。こちら銀座の高級クラブのとある店舗の求人情報のなかでの項目ですが、その求めるタイプについての解説記事です。

銀座高級会員制クラブ、ブレア(blair)が求めるタイプは?

 清楚美人系やモデル系、きれいめなお姉さん系の女の子が好まれます。

 スレンダーな女の子が採用されやすい傾向があります。

 また洗練された感じ、上品な雰囲気はもちろん、愛嬌があったり明るい性格も高級クラブでは採用されやすいポイントになります。

ラウンジビップというラウンジやキャバクラ、クラブといったナイトワークの専門求人サイトからの引用抜粋ですが、店舗ごとに採用基準の高さやh具体的に求める女性像を分かりやすく詳しく解説してあります。ラウンジビップの「また洗練された感じ、上品な雰囲気はもちろん、愛嬌があったり明るい性格」と記載されてるように、ナイトワークにおいては外見以外でも必要とされる要素が十分にあります。

またラウンジビップでは面接において、面接判断基準を以下のようにとりあげています。

  • 容姿外見
  • 愛嬌明るい性格
  • 清潔感雰囲気
  • すでにお客様をもっているかどうか

そのなかでも外見容姿は大きな部分を占めると言及していますが、その以外の項目についての重要性も具体的に言及しています。

ラウンビップの『体入はカンタンにできない?会員制ラウンジのバイト事情』というタイトル記事上でラウンジは体験入店落ちが少なくないという内容のなかで(会員制ラウンジのバイトの体入落ちってよくあるの?の項目)、面接官は外見容姿だけでは決して本採用を決めないという現状にふれています。

「面接の時は容姿基準の部分でギリギリ合格だった女性が、体験入店の際にお客様と明るく楽しそうに会話をたのしみお客様からも評価が良かったことによって本採用を勝ち取り、時には高い採用時給を提示されたという現状」や逆に「面接においては高い容姿レベルで評価の高かった女性が体験入店において、お客様にたいしてそっけない接客、気取った対応をしてお客様からクレームがきて体験入店の結果、本採用を得られなかっという現状」を言及しています。

ナイトワークにおいての『接客』の重要性を求める女性像をもとに解説しています。いちどご参考ください。

ラウンジ面接ならラウンジビップ

Author: vipplus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です